ヤクルトが今季最多17安打で両リーグ10勝一番乗り。6―6の五回に村上の3号ソロなどで3点を勝ち越し、七回に代打西田の適時二塁打、山田哲の適時打で2点を加えた。四回を抑えた五十嵐が2勝目。巨人は投手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ