阪神が連敗を4で止めた。0―1の四回は福留の右前打で同点とし、梅野、木浪、西の3連続適時打など打者10人で5点を奪った。西は制球が良く、7回2失点で2勝目。二回に先制した中日は吉見が捕まり、連勝は3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ