ヤクルトが3連勝で単独首位に立った。一回にバレンティンの適時打などで2点を先制。二回に二つの押し出し四球などで4点を加えた。寺原が六回途中2失点と試合をつくり2年ぶりで移籍後初勝利。広島は今季初の4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ