DeNAの新人大貫が5回1失点でプロ初勝利を挙げた。打線は二回に伊藤光の適時打などで2点を先制し、六回に神里が2戦連発となる3ランを放った。山崎が今季初セーブ。阪神は秋山が踏ん張れず、打線もソロ2本...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ