楽天が逃げ切った。四回にブラッシュの2点二塁打などで4点を先制し、五回に浅村の2号2ラン、六回に茂木の適時打で加点。八回をハーマン、九回を松井でしのいで1点差を守った。西武は反撃が及ばなかった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ