リードされながらも粘ったヤクルトは6―7の八回2死満塁から西浦の2点中前打で逆転した。救援の五十嵐が復帰後初勝利で石山が3セーブ目。3本塁打の中日は笠原の不調で小刻みな継投を強いられ、八回は祖父江が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ