両先発の好投で延長十二回0―0の引き分け。オリックス山本は八回1死まで無安打で、9回を投げ1安打無失点。ソフトバンクは大竹が八回途中無失点とした。オリックス打線は8安打しながら援護できず、開幕から5...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ