西武が12安打9得点で快勝した。一回に外崎の適時打などで2点を先制。二回に金子侑、源田、秋山の3連続適時打、五回に中村の3点二塁打で差を広げた。武隈は5回3失点で7年ぶりの先発勝利。ロッテは投手陣が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ