ヤクルトが逃げ切った。一回にバレンティン、雄平の連続二塁打で2点先取。移籍後初登板先発の高梨は球に力があり、6回1失点で初勝利を挙げた。阪神は西が立ち直って7回を2点に抑えたが、大山の犠飛による1得...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ