日本ハムは1―1の三回に近藤の適時打で勝ち越し、五回には王柏融の適時打で加点した。1番の西川が全3得点の起点となった。有原が7回1失点で1勝目。オリックスは先発した榊原が5回を投げ切れず、打線もつな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ