巨人は四回にゲレーロの2点二塁打で先制し、2―1の六回にゲレーロの2点打で差を広げた。ヤングマンは6回1失点で勝利し、九回はクックが抑え来日初セーブ。広島は床田が六回途中4失点と粘れず、打線もつなが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ