阪神は1―1の延長十一回、先頭の代打鳥谷が三塁打を放ち、1死後に暴投でサヨナラ勝ちした。0―1の六回に新人の近本が同点の三塁打を放ち、メッセンジャーは7回1失点。青木が4安打と気を吐いたヤクルトは石...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ