オリックスは先発の一角を担う東明が安定した制球力で6回2/3を2失点。福田が三塁打2本、西浦は堅実な打撃で3打点と上位打線が機能した。阪神は岩貞が緩急を生かして6三振を奪い、6回3失点。野手陣の拙攻...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ