ヤクルトは先発ローテーション入りが確実な石川がテンポ良く4回1安打無失点と順調な仕上がりを披露した。五十嵐は1回を三者凡退に抑えた。日本ハムの金子は5回を投げて8安打5失点。3四球を与えるなど制球に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ