阪神は先発枠入りが確実な青柳が尻上がりの調子で6回を4安打1失点にまとめた。大山が3号3ランを放ち、ナバーロも2打席連続本塁打。ヤクルトの星は制球難で三回途中7失点と乱調。好調が続く青木は適時打を含...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ