右手首付近の骨折でリハビリ中の日本ハムの清宮幸太郎内野手が20日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で5日に手術を受けてから初めてスローイングを行った。ネットに向かって感触を確かめながら慎重に投げ「問題はなか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ