中日は先発候補の大野雄が速球と、安定した制球力で7回1失点(自責点0)と好投した。正捕手を狙う加藤は2安打に加え、盗塁を2度阻止した。7回2失点だったオリックスのアルバースは2四球ながら要所で制球を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ