オリックスは新人の頓宮が積極的な打撃で三回に2ランを放ち、開幕戦先発をほぼ手中に収めた。東明は7回3失点で、先発枠入りを決めた。広島は不安定な投球が続いていた開幕投手候補の大瀬良が、6回2失点と復調...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ