西武は先発の一角を担う今井が制球良く投げ、四死球を与えず6回無失点と好調だった。金子侑は2点適時打と2盗塁で存在感を示した。中日は新人根尾が先発し、オープン戦初安打を記録。柳は6回3失点と試合をつく...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ