西武は開幕投手に決まっている多和田が4安打を許すも低めに制球し、4回1失点だった。源田が2本の二塁打を放ち好調を維持。オリックスは先発入りを目指す松葉がテンポの悪い投球に不安を残したが、5回2/3を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ