オリックスは九回に6点を奪って逆転サヨナラ勝ちした。4年目の杉本の2ランなどで1点差とし、2年目の西浦の2点適時打で試合を決めた。西武は2番手の高橋光がテンポよく投げていたが九回につかまり4回2/3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ