日本が序盤に主導権を握って逃げ切った。一回、吉田正の満塁本塁打と田村の中前適時打で5点を先行。七回には吉田正の犠飛でリードを広げた。投手陣は先発した原の2回無失点をはじめ7投手の継投で得点を許さなか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ