ソフトバンクのミランダは変化球がさえ4回無失点だったが、東浜は制球が定まらず1回3失点。先発陣で明暗が分かれた。ヤクルトはスアレスが緩急を使い、星は走者を出しても粘り、ともに4回1失点で先発枠入りへ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ