オリックスの松葉は緩急を使い、5回2失点(自責点0)と先発枠入りへ前進した。ヤクルトは4年目の高橋がリズムに乗れずに4回2失点。寺原は落ち着いた投球で4回1失点とアピールした。青木は適時打を含む2安...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ