ソフトバンクは内川が三回に適時二塁打、五回にも適時打を放ち、健在ぶりを示した。定位置獲得を狙う牧原は初回先頭打者本塁打でアピール。新人の甲斐野は力強い速球で1回無失点と好投した。西武は山川が2試合連...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ