先発に再転向するオリックスの山本が持ち前の球威で押し、2回無失点と順調な調整をうかがわせた。三塁の定位置獲得を目指す新人の頓宮は八回に豪快に2点本塁打。ヤクルトは1軍定着を狙う広岡が途中出場で適時二...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ