ソフトバンクは松田宣が満塁本塁打、グラシアルが3ランで正三塁手争いへ健在ぶりを示した。阪神は開幕投手のメッセンジャーが先発し3回4失点。二回以降は立て直した。4番大山が2ランを放ち、持ち前の長打力を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ