ヤクルトは先発枠入りを狙う高梨が3回を無失点。走者を出しても危なげなかった。雄平は攻守で元気なところを見せ、広岡は力強く2点本塁打。阪神の才木は4回6失点と変化球の精度を欠いた。高山が中越えへの一発...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ