2年連続で沢村賞を獲得した巨人の菅野が初日からブルペン入りした。捕手を座らせ、カットボールやカーブなど変化球を交え36球を投じ「新鮮な気持ちでいる。あまり調子は良くなかったが、初日に入ることが大事」...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ