阪神の新人合同自主トレーニングが9日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まり、育成も含めた全7選手がキャッチボールやダッシュに汗を流した。俊足好打で即戦力と期待されるドラフト1位の近本光司外野手(大阪ガス...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ