労働組合・日本プロ野球選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、2020年の東京五輪など来年から続く国際大会に出場する選手の負担軽減と補償を球団側に求めることを最重要課題にすると決議した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ