互いに譲らず、延長十二回の末に引き分けた。広島は一回に菊池のソロと松山の適時打で2点を先制。ソフトバンクは五回2死二、三塁で代打デスパイネの二塁への適時内野安打に失策が絡んで追い付いた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ