阪神が今季最終戦で逆転勝ちした。1―2の九回1死一、三塁からの二盗が失策を誘って同点。延長十一回は2死二塁から中谷の左前打で勝ち越した。今季で引退の荒木と岩瀬が出た中日は3併殺と拙攻が響き、終盤は救...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ