ヤクルトが7年ぶりに巨人戦の勝ち越しを決めた。二回に大引の2ランで先制すると四回にも大引が4号ソロ。五回には雄平の3ランで加点した。小川は7回1失点で8勝目。巨人は終盤に3本塁打で追い上げたが及ばず...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ