西武の源田壮亮内野手が29日、メットライフドームで行われたソフトバンク24回戦で8補殺を記録し、今季510補殺として遊撃手のシーズン最多補殺のプロ野球記録を70年ぶりに更新した。1948年に杉浦清(...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ