両チームの投手陣が踏ん張り、無得点で引き分けた。巨人はメルセデスが8回を被安打3で抑えたが、打線は七回無死一、三塁の好機を逸した。阪神は二塁を踏めず、終盤は拙攻も目立ち、7回無失点の岩貞らを援護でき...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ