広島が逆転勝ちで優勝へのマジックナンバーを3とした。2―3の七回に鈴木が左前に同点打、松山の遊ゴロが失策を誘って勝ち越し。八回は新井の三塁打などで3点加えた。一岡が5勝目。小野が6回2失点と粘った阪...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ