日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング特別委員会は21日、ドーピング違反で6カ月の出場停止処分を科した楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)の異議申し立てを審査した結果、制裁処分を維持すると...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ