阪神が逃げ切った。一回に陽川の左前打で先制。四回にナバーロの一発、五回は陽川の三塁打などで2点を加えた。才木が5回3失点で6勝目。五回に鈴木が30号2ランを放った広島は八回は犠飛で1点差としたが及ば...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ