阪神が連敗を4で止めた。3―3の七回1死満塁から西岡の適時打と福留の犠飛で2点を勝ち越し、八回は坂本の2点適時打などで突き放した。2番手の岩崎が4勝目。DeNAは投手陣が踏ん張れず、打線も四回以降は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ