中日が競り勝った。同点とされた直後の七回2死一、二塁で武山が勝ち越しの2点二塁打を放った。小笠原が6回2失点で4勝目。九回は田島が締め、31セーブ目。阪神は移籍後初登板のメンドーサが踏ん張れず、連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ