広島の鈴木誠也外野手が23日、横浜スタジアムで行われたDeNA19回戦で守備の際に右足を痛めて交代し、横浜市内の病院で「右脛骨内果剥離骨折」と診断された。球団によると、広島で改めてチームドクターの診...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ