中日が連敗を6で止めた。大野は無四球の7回1失点で5勝目。打線は一回にゲレーロの31号2ランで先制し、四回は高橋の犠飛、七回も失策で加点した。巨人は内海が五回途中降板。反撃も七回の1点に終わり、連勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ