ヤクルトが今季8度目のサヨナラ勝ちした。4―4の九回2死三塁でリベロが中前へ来日初のサヨナラ打を放った。石川が六回途中4失点で降板したが、救援陣が踏ん張った。阪神は3本塁打で粘ったが、連勝が4で止ま...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ