ヤクルトの小川が8回無失点の力投で6勝目。ピンチでの粘りが光った。六回に中村の押し出し四球で先制し、七回は山田の満塁本塁打で突き放した。広島は薮田が6回1/3を4失点で3敗目。打線も振るわず、優勝マ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ