広島が4連勝で優勝マジック26。一回に松山が先制打。三回は西川、安部が連続適時打。七回は新井、岩本の代打攻勢で突き放した。大瀬良が六回途中まで2失点と粘り8勝目。阪神の藤浪は五回途中までに7四死球と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ