日本ハムの大谷が16日、札幌ドームでのロッテ戦の試合前練習でブルペンに入り、捕手を座らせて約30球の投球練習を行った。変化球も交えた本格的な投球で、投手としての調整ペースが上がってきた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ