DeNAは1点を追う二回に倉本、桑原の連続適時打で3得点。その後も筒香の今季初の1試合2本塁打などで突き放した。浜口は6回1失点で7月5日以来の7勝目。阪神はプロ初先発の松田が2回3失点で降板し、流...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ