広島は一回に松山の犠飛、西川の適時打などで3点を先行し、五回にも1点を加えた。岡田は6回を4安打1失点にまとめチームトップに並ぶ11勝目。九回は今村が抑え21セーブ目。巨人は打線がマギーの適時打の1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ