西武が4年ぶりにロッテ戦の勝ち越しを決めた。三回、金子侑のソロで先制し、八回に秋山の2ランで加点した。多和田は打たせて取る投球で今季初完封を飾り4勝目を挙げた。ロッテは涌井が力投したが、打線が援護で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ